仏事

最澄の教えを介して常日頃の出来事を捌いたり…。

一緒に住んでいる父さんがある時から独りで毎日散歩に出掛けて毎回お葬式やお墓関連のチラシを貰って帰宅し楽しそうに話を聞かせてくれました。
世間的に手前は『法事』と言いますが、シビアに言うと、先生にお経をあげて頂くところを「法要」と呼んでおり、法要と後席の食事会も含んだ行事を『法事』と呼んでいます。
率直な輪郭がない『家族葬』という言い方ですが、主体として喪家や親族を主軸にいくぶんかの人数での葬儀の呼び名として行使しています。
法要参加の人々に心を浄め親鸞の面前に仏になった往生人を迎えて、あらたまって言葉を交わして、お参りするものであります。
ここ何年かで墓石の作成技術の大きな進歩により構想の自由度が、非常に躍進し、自らの墓石を、個人で設計する事が、出来るようになったのです。

素晴らしいお葬式とはお別れに邁進できる葬儀のことで流れ良く無事に葬式を終わらせることができ、最終のお見送りが出来ることが、良い葬儀だと言えそうです。
一般参加者はご家族の背後に席をとり到着された方から順番にご遺族の後方に座って、くれれば、自然に誘導できます。
習慣的に地元密着という葬儀店が殆どのようですが今日この頃ではお客様本位の葬儀社など、特色を活用した、葬儀社が多くなってきました。
仏式の時は北枕で安置しますがご遺体安置の方法はキリスト教・神式など仏式以外の色々な宗教の特色で慣習が変わります。
主要な家族の危篤を看護婦から告知されたら、家族や親族や自身が会いたいと願う人に、いの一番にお知らせしてください。

今頃は通夜・告別式をかからないダイレクトに火葬して納骨を実践する『直葬』を信奉する喪家が増加しています。
火葬にあたる仕事の人は縄文時代から私度僧が人々の中に入り路肩に見捨てられた死体を集め、供養して火葬したことに始まり、『オン坊』と称されたのだろう。
最澄の教えを介して常日頃の出来事を捌いたり、幸せを渇望する、そして、本尊を通して代々の供養をするのが仏壇のお役目です。
葬式セミナーや終活勉強会や葬儀会場見学会などをやっているので、ひとまずそれらに訪問してみることを助言しています。
父母に私有物がないから財産相続は関係ない、わたくしは何も賜る所存はないので財産寄与は関係ない、と記憶違いをしている家族が仰山いそうです。

瓜破斎場 家族葬瓜破斎場 家族葬